Datalakeの沼 - Azure Datalakeで始めるデータ分析

沼にはまらず、さくさく分析!

第2沼 Azure Data Lakeを始めてみよう

f:id:m-tanaka:20171103001520p:plain

では、準備もできたところでData Lakeを始めてみようかな。

まずは、

https://portal.azure.com

にサインインして。

左上のメニューの「新規」でいいのかしら?

f:id:m-tanaka:20171112094400p:plain

え? おおすぎる。

f:id:m-tanaka:20171111153025p:plain

「Data  + Analyticsよ」

f:id:m-tanaka:20171112094635p:plain

「あ、ありがとうございます」

f:id:m-tanaka:20171111153025p:plain

「あとは、このドキュメントを読めばできるはずよ。頑張って」

docs.microsoft.com

「はい!頑張ります」

まずは、基本設定ね。

 名前。まずはnumaでいいかな?

そして、サブスクリプション?リソースグループ?

「先輩。サブスクリプションとリソースグループって何ですか?」

f:id:m-tanaka:20171111153025p:plain

サブスクリプションは、課金の単位。ほぼ請求先というのと同一よ」

「リソースグループは、まだあまり関係ないのだけれど、将来たくさんのAzureのリソースを使うようになったときの整理のために設けられている単位。りーそすグループ単位での課金状況とかが見られるようになるわ。Windowsでいうところのフォルダのようなものと考えてもらえればいいわ」

なるほど。となると次は「場所」これは「日本」でいいのかな?

f:id:m-tanaka:20171112100020p:plain

ない。「日本」がない。(2017/11/12現在)

f:id:m-tanaka:20171111153025p:plain

「あわてないで。用途を考えれば米国東部でも大丈夫なはずよ。あとで検証しましょう」

なるほど、続いてはData Lake Store?

f:id:m-tanaka:20171111153025p:plain

「分析対象のデータの置き場所ね。まだ未作成なのでここで作っておきましょう」

では、

f:id:m-tanaka:20171112100649p:plainを選択して

f:id:m-tanaka:20171112100620p:plainをクリック

f:id:m-tanaka:20171112100745p:plain

名前を決めるだけみたいね。

ではこれで設定は完了。

f:id:m-tanaka:20171112100910p:plain

作成をクリックして、後は数分待てばデプロイ完了!

f:id:m-tanaka:20171112101303p:plain

(続く)